循環

今日は丸二年ほどプライベートの色々で慌ただしく^^;、
書きそびれていたお仕事のことを綴りたいと思います。

約二年半前こんな風にスタートしたオーガニックコットン
のお仕事。昨年末より日本橋に転勤して今までとは
また違った館で違ったシステムの中、悪戦苦闘の日々でしたが
ようやく落ち着いて参りました。
(↓写真は職場付近の桜並木です。4/3撮影。)
a0111680_07314185.jpg
そもそもなぜオーガニック製品のお仕事を選んだかというと
転職を考えだした時期に強く心に浮かんでいたのが
「循環」というキーワードでした。

自分がおすすめする製品によってお求めいただいたお客様が
HAPPYな気持ちになり、健康や安心につながる。
そしてそれを生産する過程が安全で環境に寄り添ったもの
であることで生産者の健康・安心にもつながる。
畑やそこに住む動物や昆虫たちにも優しい^^。

農薬や化学肥料、枯葉剤などの「不自然なもの」を
使用しない「未来に向けて継続可能で無害なものづくり」を
広めたいな・・・と思ったのです。

お客様・販売員・加工業者・生産者・自然環境
全てにうまく穏やかな「心地よい循環」を作ることが出来る・・・
そう強く思ったのです。

正直、化学繊維の製品に比べたらお値段はお高いです。
一消費者として、日常使いには躊躇する気持ちも
とってもよくわかります^^。
けれど、ぜひぜひ自然な生産過程を経て生まれてきた
コットン(綿)本来の心地よさに触れて
そのパワーを感じていただけたら嬉しいのです!!

職場の立地や館の特性上、現在手に取る方の多くは
富裕層です。安心安全にこだわる余裕があり、
じっくり品定めすることのできる審美眼をもち、
経済的・時間的余裕のある方が多いと思われます。
ですが、私はぜひもっと多くの方に
たった一枚のタオルでもよいので一度
オーガニック製品を体感していただけたら嬉しいです。

オーガニックコットンの優しい肌触りを楽しむことはもちろん、
その生産過程や環境負荷に想いを広げ、
健康に対する影響力、安心感・幸福感等・・・
価値観(選択肢)を加えることでより豊かに安全に
世界を変えていく心地よい循環の一歩につながれば・・・
そんな願いを込めて店頭に立っております。

・・・と、真面目に綴りましたが(笑)、
とにかく感覚的に「好き」なものを使うことで
人生はとてもHAPPYになります♪
わたしのそれをお伝えすることで、どなたかの
お役に立てば幸いです^^。

[PR]
# by natural-take | 2017-04-10 08:42 | お仕事日和 | Comments(0)

体への感謝

a0111680_00500182.jpg
先日とある持病の治療のために初めて訪れた病院の先生から
初診しょっぱなにこんなことを聞かれました。

「takeさん、あなたが生きるために、いろんな病原菌と
闘ってくれているのは誰だか知っていますか?」

思いがけない質問に「ええと・・・」と考えてしばし沈黙。

「あなたの体内では、あなたの個性とは全く違う人格(?)をもつ
〖白血球やリンパ球〗があなたの体を守るために
毎日必死に闘ってくれているんです。
健気な愛を持って日夜頑張っているのに気づいてもくれない、
ましてや労わったり感謝すらしてもらえない。
このままいったらいつか闘うのや~めたって言われてしまいますよ」

と言われて、私は自分の体の細胞や白血球・リンパ球への
想いをしばし馳せました・・・。
確かに・・ここしばらく心もそうだが、体も色々と無理をしてきた。
労わるどころか酷使を続け、
代謝しきれない重荷を次々浴びせていたように思う。

なかなか治らない病気は体の懇願なのかもしれない。
「もっとあなた自身を大切にして」と。
それからもう一つ思うのは、その時に一番必要な気づきを
いつも私に届けてくれているということ。

私の周りには今、色々な病気や辛さを抱えている人たちがいます。
私自身もそうですが「なぜ私が」「どうしてこんなときに」
苦しい局面では、病気や不調は邪魔にしか思えないですよね。
きっと誰もがそうだと思います。

けれど、苦しい時こそ本当にいろんなことに気づく。
そして自分を大切にするすべを自らの意志で手に入れようとする。
対極にある「健康」「穏やかな毎日」への感謝が
つくづく身に染みることも、平穏な日常の中では得難い経験だと思う。

そしてそれは他ならぬ自分自身の「潜在的な(魂の)意思」が
影響し、病を経て磨かれ成長することを自らが強く望んでいる
・・・私にはそう思えてなりません。
「病気」は私の魂本来の祈りをもとに、集まってきてくださる
大いなるサポートの「頑張れ!」の鼓舞のような気がします。

いろんなケースがあって、遺伝的なことや外的な事故や
やむを得ぬ生活環境等が要因の、自分にはいかんともし難い病も
あることと察しますが、それでも・・・
病や不調はその人にとって最善のタイミングに訪れる
・・・偶然ではない・・・私にはそう思えるのです。

そんな風に言ってしまうと病気をすることは「罰を受けている」
というようなネガティブな発想になりかねませんが、
もっと深くあたたかな愛の波動の中に起こり、主に「助け」として届き、
おそらく病気が発生する前に多くのシグナルや
未病の為の手助けが届いていることを見過ごしてしまう場合が
多いように思います。

ここに書いたことは私の経験や感情をもっての発言ですので、
もしかしたら闘病などで現在辛い生活をされている方などには
不快に思われてしまうかもしれません。
ですが、もし読まれた方々の今後の未病や回復への助けとなることが
ささやかにでもあればよいな・・・と思い
書かせていただきました。

体の声を聴く。そして体を大切にし、日々の健康に感謝する。
病気の時には原因をじっくり考え、対策ししっかり体を休める。
体と心は密接なので、心身ともに穏やかにあるため、
今の自分に必要なことを学び、改善・実践する。
そういうことが大事だと私は思います。

私が健康のために始めたいろいろなこと。
仕事で扱っているオーガニック素材のことなども含めて
少しずつ書いていけたらと思っています。

冒頭のお写真は私の健康のためのささやかな第一歩。
ずっと憧れていた「ミモザのリース」を飾りました。
毎日見ながらほっこり穏やかな気持ちを取り戻しておりますよ^^。



[PR]
# by natural-take | 2017-03-22 23:58 | 自分探し | Comments(0)
2月初旬、母と二人で伊豆の河津&稲取へ電車で
のんびり温泉小旅行に出かけてきました。
母には昨年中いっぱい心配と気苦労をかけてしまったので
お詫びと親孝行を兼ねて母の誕生日記念に発案しました。

2月2週目、まだ咲き具合はいまいちでしたが、
ちょっぴり早い河津桜のお花見を満喫できました。
a0111680_23071833.jpg
お花見と、母リクエストのキンメダイの煮つけを食べ、
早めにホテルへチェックイン。
オーシャンビューのお部屋でくつろぎ、
夕刻まだ明るいうちに、海を一望しながら温泉にゆったり浸かる幸せ。
土地のおいしいものがずらりと並んだ夕食。
とてもいい癒しになりました。

母とは遅くまで今までに行った家族旅行の思い出話をしました^^。
あれこれと趣向をこらした盛沢山のコース、
泊まったホテルや旅館の思い出、
思わぬハプニングや忘れられないおいしいもの、
本当にどれも楽しかったね♪と。

お母さん、色々・・・ほんとにごめんね・・・。
お母さんに本当は見せてあげたかったいろんなこと、
叶えてあげられなくなっちゃってごめんね。
減らしたかった心配を増やしちゃってごめんね・・・。
直接言葉にはしていないけれど、そう思っています。

「いい思い出だよね^^。ほんと、お母さんどれも楽しかった。」と
心から笑って言ってくれたこと、ありがたかったです。
お母さんのお祝いの旅のはずだったけど、
気付けばお母さんから私へのねぎらいの旅だったね。

お母さん、いつも変わらずいてくれてありがとう。
憎しみや恨み言や悲しみではなく、
感謝や喜びや笑顔に焦点をあてていてくれる
そんな母の娘に生まれてきたこと、
本当に幸せだと思っているよ。
a0111680_23072947.jpg
次の日は大きな大きな吊るし雛の飾りを見に行きました。
圧巻です!!「さげもん」もズラリ!!

旅の詳細を綴るパワーは出ませんでしたが^^;、
ひとまずちゃんと生存報告をとUPしてみました^^。

2月最後になって、どっと疲れが出たのか
ちょうど1年ぶりに大きな風邪をひいてしまいました。
1年分の毒が出てきた感じです(笑)。
栄養と休息をとりながらやっと回復してきました。

「体」はいついかなる時も私の「本心」をよく分かっていますね・・・。
そして「魂」はきっとずっと前から学ぶべき「課題」に気づいています。
「体の声」を聴きながら「魂の課題」を越えていく。
ひとつずつ丁寧に・・・私らしく。


[PR]
# by natural-take | 2017-03-03 00:11 | 遠くのおでかけ | Comments(2)

Alive

すっかりご無沙汰してしまいました。
ご心配下さっている皆様、長らくすみませんでした。

昨年11月から新しい職場(同会社の支店への異動)に勤め、
覚えること、学ぶことの多い忙しい時間を送っております。
立地や館が変わると同じ仕事でもすべきことは大きく違います。
仕事に対する意識もいろいろと変わり、
日々一生懸命に取り組んでおります。
・・・そしてこの仕事のハードさが大いに救いになってくれています。

*********************

昨年末はとてもしんどい時間を過ごしており、
なかなか「自分の心との葛藤」から抜け出せない日々でした。

最初は自分に起こった出来事をちゃんと受け止めることに
時間がものすごくかかりました。
一晩寝るごとに目覚めると「悪い夢」だったように思えて
まるで他人に起こった出来事のように「自分」を見ていました。

少しずつ「自分の人生に起こったこと」だと認め始めると、
こんどは「故障して夢を絶たれたアスリート」のような
「絶望感」と「不安感」が襲いました。

「これから私は何を目標に生きていけばいいんだろう」・・・。

恥ずかしながら、今回失った「とある夢」に大きなパワー
(想い・労力・時間・経済力)を費やし、ともに叶える「未来」に
向かって一心に走り続けていたので、
それを失った現実をなかなか受け止められず、
ぽっかりと胸に穴が開き、抜け殻のような状態に陥りました。

休日は気力が湧かず動けなくて、寝たり起きたり・・・。
何時間も窓から見える空をぼんやり見ていたこともあります。
「何かしなきゃ」「何か変えなきゃ」そう思うけれど
何をどう動いていいのか見つけられず・・・。
そんな不甲斐ない自分にまた自己嫌悪・・・その悪循環。

ある日、ふと目に留まった映画のDVDを借りてきて、
それからひたすら沢山の映画を見ました。
その時は「自分の人生」を直視したくなくて仮想世界へ
逃げたかったのかもしれませんね^^;。

レンタル記録を見てみたらこの冬の休日のみで
50作以上の作品を見ていました^^;。
(またおすすめ映画の記事なども書けたらなと思います)。

そんな感じでなんとか時は過ぎていき、
ひとつふたつとヒントが降りてきて、
あたたかな皆様のサポートにも助けていただきながら
年が明けて少し経ったある日突然、こんな気持ちがやってきました。

「悲しみや苦しみだけに時間を費やしていては、
せっかくいただいたこの人生の残り時間がもったいない」と。

それから、「私は私に思いつくベストを尽くし切った」
・・・という、ひとかけらも惜しまず頑張りぬいた自分への
ねぎらいの気持ちと、まっすぐな「おつかれさまでした」を
ようやく言ってあげることができました。

この記事のタイトル『Alive』はSia(シーア)さんの歌の題名から
いただいたのですが、この歌声から感じるパッション??に
とても心が揺さぶられたので。
ミュージックビデオの土屋太鳳さんの舞踊と表現力にも心奪われます。


Siaさんはオーストラリアご出身のシンガーソングライターです。
「顔をみせない歌手」として知られているようです。
(顔を出さないのはバセドウ病による容姿の変貌を隠すためとか?)。

これは私の想像ですが・・・彼女がいろいろな辛い出来事などを経て、
もがき苦しみながらも、闇の中から抜け出そう「生きよう(生きたい)」と
強く願っている・・・そんな力強い想いを楽曲に感じ、
我々は共感(共鳴)するのではないかな・・・なんて思います。

ちなみにアメリカ版のミュージックビデオの空手少女高野真優ちゃんの
演武もとってもカッコイイです。気になる方は探してみてね^^。

少しずつ・・・春の訪れとともに気持ちを整えていけるよう、
頑張っていきます。書くことは本来私にとっては癒しです。
今までネガティブにならざるを得ない「とあること」に
費やしていた心を「自分の感動」や「誰かに役立つ情報」などを
ここから発信するパワーに使っていけたらよいな・・・と思っています。
やわやわと・・・ゆっくり焦らず歩いてみます。

[PR]
# by natural-take | 2017-02-02 18:37 | 日々 | Comments(0)

本当の私

前回の記事からすっかり時間が空いてしまいました。

本当はいろいろと素敵な感動する出会いがあったり、
いろいろな初めての体験もあって、それらを書きたい気持ちで
いっぱいだったのですが、突如訪れた晩秋の物悲しさに
どうやっても言葉が生み出せない状況に陥っておりました。

ここでおなじみの方や顔見知りの方はお気づきと思いますが、
私は穏やかでほっこり、あたたかで優しいときが好きです。
人や自然や・・・あらゆるものがお互いを慈しみあって
思いやりあって、支えあって、認め合って、素敵を分かち合って・・・
そういう瞬間に居合わせることがこよなく愛しい・・・。

けれど、今の私の現実世界はなかなかそうはいかなくて、
その想いと現実のズレを隠して表面の楽しさだけを綴る器用さもなくて、
自分の心と言葉が一致するまでなかなか公の場に文章を綴ることが
できなくなってしまうタイプなのです^^;。

簡単に言うと・・・
楽しくて感動してあたたかな新しい時間を過ごしても、
苦しくて辛くて泣きたいような悲しい過去の記憶が、それを覆ってしまう
そんな日々からなかなか抜け出せずにいました。

過去にとらわれて立ち止まっていたら、
何も変わっていくわけなんかないけれど、
自分でも未だに消化しきれない悲しさや悔しさやショックは
どう振り払おうとしてもなかなか離れていってはくれません。

だから、その負の感情も含めた本当の私を丸ごと、
ちゃんと自分で受け止めて理解してあげなきゃな・・・って思いました。

ここ(丁寧日和)では「明るく穏やかでポジティブな話題」に
今までずっと徹してきました。私が本来発信したかったことは
初めに書いたようなほっこり穏やかで優しくて幸せになれるような
幸せな出会いをご紹介することでした。

でもそれをしようと思えば思うほど、現実の私とは離れていってしまう。
それなら固執せず、ありのままの未熟な自分を綴っていくことかな・・・と。
その変化や成長を含めて、皆さんに活かせることがあれば
幸いに思います。

そんなわけで、「ほっこり優しい丁寧日和」は卒業して、
「辛苦も含めた本当の丁寧日和」に進化(?)していけたらと
思います。もしかしたらほっこり楽しいことを求めて
お立ち寄りくださっていた方にはガッカリさせてしまうことも
書くかもしれませんが、それでも読みたい・・・と
思ってくださる方が来ていただければそれで充分です。

それから・・・ひとつご報告です。
前回お話した「つらい経験」とは全く関係なく、
突如職場の異動のお話がありました。
就職から二年、通いなれた二子玉川から日本橋へ移ります。
11/10より移りますので、しばし準備その他で忙しくなります。

初めての土地、慣れない館でのお仕事ですが、
ご来店下さるお一人お一人にあたたかな接客ができるよう、
心を込めて頑張ろうと思います。
落ち着いたらまた新しい環境のことも書きますね^^。

色々な変化が続きますが、より輝き、よりあたたかく、
より成長した私になれるよう、一生懸命頑張ります。
どうか見守っていただけたらと思います。




[PR]
# by natural-take | 2016-11-03 00:09 | 日々 | Comments(8)

出逢った素敵な時間・お店・人・もの。ゆっくりと綴ってゆきたいな。


by natural-take